HOME » 受ける前に知っておきたい医療脱毛の基礎知識

受ける前に知っておきたい
医療脱毛の基礎知識

ムダ毛が気になるからっていきなり脱毛はNG!
まずは脱毛の仕組みや毛が無くなるわけを理解しましょ。

今年の夏は思い切ってレーザー脱毛を受けて、ムダ毛とサヨナラしたい!でもいつから始めるのがベストなの?そんな疑問をお持ちの方が多いようです。つるつる、すべすべのお肌で夏を迎えるには、長期的に脱毛計画を立てることが大切です。それには毛が生え変わるメカニズムや脱毛の仕組みを知っておくこと。「毛」の成長メカニズム(毛周期)がわかれば、お肌や身体に負担のかからない脱毛施術が受けられます。毛周期や脱毛のメカニズムについてみていきましょう。

脱毛のしくみ

チクチク、ふさふさ・・・見た目にも触り心地にも、わずらわしい毛たち。そもそも毛って、いつどんな風に生えてくるものなの?ここでは、毛の生えてくる周期(毛周期)や、脱毛のしくみについて、それぞれページを設けて解説します。

が生え変わる仕組みは?

脱毛を正しく行うために、毛の仕組みを知ろう

脱毛したのに、また同じ場所から毛が生えてくると、本当に脱毛できているのか疑問になってきますよね。毛には毛が生え変わるサイクル(毛周期)があり、毛が成長する時期にレーザーを照射しないと、いくら施術を受けても効果がありません。脱毛効果を高めたければ、毛周期に合わせて施術を受けること。多くのクリニックでは、2か月に一度の施術が理想的なサイクルだといいます。
毛が生え変わるメカニズムを知って、ムダのない脱毛施術を受けましょう!

毛の生え変わりの仕組みを詳しく

どうやってがなくなるの?

レーザー脱毛・医療脱毛の仕組みを解説

クリニックやエステサロンで行う脱毛には、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛(光脱毛)がありますが、それだけとは限りません。脱毛施術はいくつかあり、それぞれに使用する器具や施術方法、脱毛効果も違います。もっとも安全で脱毛効果の高い施術は、レーザー脱毛ですが、他の脱毛法とどのような違いがあるのでしょうか。
レーザー脱毛・フラッシュ脱毛・美容電気脱毛の3つを比較しながら、それぞれの脱毛法についてみていきましょう。

脱毛の仕組みを詳しく

脱毛の注意点

脱毛の仕組みを知ったら今度は気を付けておきたいこともチェック!理解を深めてより安全にツルスベ肌を目指しましょう。

ちょっと待って!自己処理による肌トラブル急増中

誰もが、一度や二度、経験したことのある、カミソリや毛抜きを使った、ムダ毛の自己処理。簡単でお金のかからない方法ですが、そこには意外な落とし穴が潜んでいます。

カミソリでムダ毛を剃ると皮膚の表面まで削るため、敏感肌の人はカミソリ負けしてヒリヒリしたり、痒くなってきます。また自己処理を繰り返していると、お肌がカサカサになったり、ぶつぶつになったり、黒ずみの原因にも。毛抜きを使った脱毛はさらに危険です。

毛穴に細菌が入ると炎症が起きて、膿が溜まったり、シコリができて、ひどくなると手術をして取り除かなければなりません。安易な気持ちで自己処理をせずに、レーザー脱毛でつるつる、すべすべのお肌を保ちたいですね。

脱毛の施術を受ける前の4つの心構え

脱毛効果が高く、安全なレーザー脱毛を受けるには、お肌の状態やお手入れなど、施術前に心得ておきたいことが、いくつかあります。

まず、施術前に必ず剃毛してムダ毛を短くしておきましょう。ただし毛根がないと脱毛できないので、毛抜きで抜き取るのはNG。体調が悪い時や、予防接種を受けた後は、症状を悪化させる恐れがあるので避けてください。

お肌の炎症など肌トラブルがある時は、症状が治まるのを待ってから施術を受けます。また地肌が黒かったり、日焼けしているお肌は、皮膚のメラニン色素に反応して、脱毛できないことがあります。

色黒のお肌にも対応できる脱毛器を導入しているクリニックもありますので、カウンセリングできちんと確認しておきましょう。

妊娠中・生理中でも脱毛施術はできるの!?

女性にとって気になるのは、妊娠中・生理中の脱毛です。レーザーはレントゲンとは違い、人体に与える影響は全くないといわれますが、科学的な根拠はありません。

また妊娠中は精神的に不安定になりがちで、ちょっとしたことでも敏感に反応してしまいます。こうした安全面への考慮から、妊婦へのレーザー脱毛を避けるクリニックが多いようです。

生理中の脱毛はクリニックごとに見解が分かれます。腕やわきと同じようにビキニラインまでレーザー照射するクリニックが多いようですが、慎重な医院では、生理期間中の施術を避ける傾向にあります。

この期間は神経が過敏になっていて、抵抗力も落ちています。痛みも感じやすい人も多いので、なるべくなら避けた方が無難といえます。

レーザー脱毛の施術に不向きな人

レーザー脱毛は、クリニックで行うのでとても安全で、しかも脱毛効果の高い施術ですが、人によってはレーザー脱毛が不向きの人もいます。次の項目に該当する人は、施術を断られる可能性もありますので、事前に確認しておくといいでしょう。

  • 日焼けした黒い肌の人は、火傷などの皮膚トラブルを起こす場合があります。
  • 妊娠中・出産前後のお肌はとてもデリケートです。施術中にストレスを感じると、肌トラブルになったり、陣痛を誘発することもあります。
  • 持病のある人や飲みつけのお薬がある方は、レーザー脱毛ができません。どうしてもという方は、かかりつけ医から診断書を書いてもらえば、対応してもらえることもありますので、相談してみてください。

ページ上部へ戻る