HOME » 受ける前に知っておきたい医療脱毛の基礎知識 » 医療脱毛中の制汗剤はOK?NG?

医療脱毛の期間中、
制汗剤を使ってもいいの?

とくに気になるワキ脱毛中、制汗剤はOK?NG?

医療脱毛について調べているときなど、「脱毛期間中は制汗剤の使用NG!」というルールを目にしたことはありませんか?汗のにおいなどに敏感な人なら、普段から制汗剤を使用してケアしていることも多いですよね。とくにワキを脱毛する場合、普段から制汗剤を使用する機会が多い箇所だからこそ、使用のOK・NGについて知りたいところ。本当に制汗剤を使用してはいけないのなら、その理由も気になりますよね。ここでは、脱毛期間中の制汗剤について、使用してもいいのかそれともダメなのか、制汗剤と脱毛のメカニズムと合わせて解説していきます。

医療脱毛中は制汗剤の使用をやめること!

もはや常識?脱毛期間は制汗剤NG!

結論から言うと、脱毛期間中は制汗剤を使ってはいけません!使ってはいけない理由はあとから説明しますが、“脱毛期間中は制汗剤NG“というのは今や常識と言えるほどのルールになっています。クリニックの中には、公式ホームページなどに明記しているところもあるようです。

いつから使用をやめればいいの?

普段から制汗剤を使用して汗ケアをしている人にとっては、脱毛のためにいきなり使用をやめるということが少し大変ですよね。そこで、「脱毛施術当日だけ使用をやめればいいのでは?」と考えてしまいますが、実はこれもNG。制汗剤にはデオドラント成分が含まれているため、その細かい粒子が肌の毛穴などに入り込んでしまいます。そのため、前日にお風呂で流したり、施術当日に制汗剤を拭き取ったりしても、成分が肌に残ってしまうのです。可能であれば、施術から1週間程度前くらいには、制汗剤の使用をやめておきましょう。

医療脱毛中に制汗剤を使ってはいけない理由

脱毛効果を弱くしてしまう

では、どうして脱毛期間中に制汗剤を使用してはいけないのでしょうか。一番の理由は、肝心の“脱毛効果”が弱くなってしまうことです。制汗剤には、毛穴などを収縮させることによって汗を出にくい状態にする働きがあります。いっぽうレーザー脱毛は、肌の中のメラニン(黒い色素)に反応して、毛組織を破壊することにより、毛を毛穴から抜けさせる行為です。この毛穴から毛を抜けさせるという行為を、制汗剤の働きが邪魔してしまうことがあります。せっかく安くないお金をかけて脱毛しに行くのですから、脱毛効果を弱くして余計な費用や期間をかけてしまわないようにしましょう。

肌トラブルを起こす可能性がある

レーザー脱毛後の肌は、熱により軽いやけどを負ったような状態になります。そして乾燥しやすく、肌の状態はとてもデリケートです。普段なら何の問題もない制汗剤の使用も、敏感になった状態の肌には悪い作用を起こすことがあります。肌トラブルを避けるためにも、制汗剤の使用は控えましょう。

黒ずみの原因になる

制汗剤には様々なケミカル成分が含まれています。脱毛後に炎症している肌は、毛穴に詰まった制汗剤の成分がそのまま残ってしまい、色素沈着を起こす可能性があります。せっかくムダ毛のないツルツルの肌にしても、黒ずんでいると魅力は半減してしまいますね。

夏、どうする?制汗剤以外の汗対策!

汗をかきにくくする

制汗剤を使用しない汗ケアをするためには、まず根本的に汗をかきにくくする対策をとってみることが大切です。エアコンの温度を少し下げる、通気性のよい服を着る、屋外での行動を控えるなど、日常生活の中でできる工夫をしてみましょう。

汗をこまめにふく

汗のにおい対策としては、かいてしまった汗をこまめに拭き取るだけでもかなり効果があります。濡らしたタオルやガーゼなどを使うといいでしょう。また、成分がほぼ水のウェットティッシュなどもおすすめです。よくある汗ふきシートなどには制汗成分が含まれているため、使用しないようにしましょう。

汗染みの目立たない服を着る

ワキや背中・胸元など、汗をかいてしまうと汗染みが目立つ…ということを気にされている方も多いですよね。制汗剤を使用しない期間は、なるべく汗染みが目立たない服装を心掛けるのがベスト。汗染みがすぐわかってしまうグレーの服や、体にぴったりとフィットしたデザインのものは避けましょう。ゆったりとしていて体にまとわりつきにくいデザインや、白や黒の服、柄ものなどの服は汗染みが目立ちにくいです。速乾性のあるインナーを利用するのも効果的ですよ。

食べ物に気を付ける

肉料理が中心の欧米人は、汗のにおいがきつくなりやすいと言われています。体の中から汗のにおいを変えるために、しばらく和食中心の食生活を心掛けてみましょう。美容やダイエットにも繋がるため、総合的にキレイな状態を目指せます。

清潔な服を着る

汗のにおいを目立たせやすくする要因として、服自体についた雑菌の働きが挙げられます。部屋干しで生乾きの服からいやなにおいがしてしまうように、清潔でない服を着て汗をかくことによって悪臭をさせてしまうパターンもよくありますね。汗をかいてしまったらこまめに着替えたり、抗菌・防臭作用のある洗剤で洗濯した服を着用したりと、服自体を清潔に保つことを心掛けてみましょう。

おシゲ先生まとめの一言

イラスト

脱毛期間中での制汗剤使用について紹介したけど、どうだったかしら?脱毛経験者なら「制汗剤はNG」というルールを知っている人が多いかもしれないけど、初めての場合はわからないわよね~。脱毛期間中に制汗剤を使うと、効果が弱くなったり肌トラブルを起こしたりと、デメリットがたくさん出てくるの。とくに怖いのは黒ずみ!せっかくムダ毛のないツルツルのお肌にしても、黒ずんでしまって見た目が悪くなっちゃったらホントに残念だもんね~。暑い時期なんかは汗が気になってしまうけど、脱毛期間中だけのことだと割り切って制汗剤以外の汗ケアをしてみてね。制汗剤を使わない汗ケアは、覚えておいて損はないスキルだから、ぜひ試してみて~!

 

ページ上部へ戻る