HOME » 受ける前に知っておきたい医療脱毛の基礎知識 » 医療脱毛はクーリングオフできるの?

医療脱毛契約後に
クーリングオフはできる?

契約したけどやっぱり辞めたい…そんな時はどうすればいい?

「カウンセリングのときに断り切れなかった」、「冷静に考えたらいらない気がしてきた」などなど、クリニックで医療脱毛を契約したものの“やっぱり辞めたい!”と思ったときはどうすればいいのでしょうか?医療脱毛は決して安い買い物ではない分、もしものときのキャンセル方法などは知っておきたいポイント。「契約を解除する」ための方法として有名なのは『クーリングオフ制度』ですが、医療脱毛の契約においてもその制度が適用されるのか気になるところですよね。ここでは医療脱毛の契約を解除するためのポイントなど、途中で契約をやめるときの方法や注意点などを紹介します。

医療脱毛はクーリングオフが可能

以前はできなかったけど、今はクーリングオフ可能!

「医療脱毛は“医療行為”だからクーリングオフはできないのでは?」と考えている人も多いですよね。ですがそれは以前の話。実は2017年12月1日より特定商取引法が改正されていて、医療脱毛もクーリングオフの対象になったのです。そのため、2017年12月1日以降に契約したものに関しては、クーリングオフすることが可能です。

クーリングオフするときの具体的な方法は?

医療脱毛をクーリングオフするためには、『書面』と『電話』の2つの方法がありますが、ここではより確実な書面での方法をおすすめします。電話での申し入れの「言った・言わない」トラブルを避けるのはもちろんのこと、クリニックによっては電話でのクーリングオフ申込を受け付けていない場合もあるからです。

書面での方法はハガキでの普通郵便でもおこなえますが、日付や未着トラブルを防ぐためにも、郵便局の窓口で「書留」や「内容証明」、「特定記録郵便」を使用することがおすすめです。

契約解除を申し入れる通知書には、契約年月日や商品名、契約金額などを明記する必要があります。通知書の書き方例は国民生活センターのホームページに詳しく紹介されていますので、一度チェックしてみましょう。

(http://www.kokusen.go.jp/soudan_now/data/coolingoff.html)

クーリングオフの適用条件は?

以前は対象外だった医療脱毛がクーリングオフ可能になり、消費者としてはより安心してクリニックを選ぶことができるようになりました。しかし、すべての契約が対象外というわけではなく、クーリングオフするためには次の条件を満たしている必要があります。

  • 契約から8日以内である
  • 1ヶ月以上の契約である
  • 5万円以上の契約である

クーリングオフは、契約から8日以内の申し入れが必要になります。はがきなどの書面の場合当日消印が有効ですが、早めに申し入れるよう心がけましょう。

また、契約が「1カ月以上」、「5万円以上」という内容である必要があります。契約期間が1カ月以上あったとしても、5万円以下の施術であった場合はクーリングオフすることができません。

医療脱毛は契約内容が長期に及ぶ高額な施術であることがほとんどのため、だいたいはこの「1カ月以上」、「5万円以上」という条件を満たすことが多いです。そのため、どちらかというと「8日以内」という条件が重要となってきます。契約したものの辞めたくなってきた…と感じた場合は、早めに行動することをおすすめします。

医療脱毛の契約をクーリングオフするときの注意点

書面で証拠を残すことが大切

クーリングオフ自体はそこまで複雑な作業ではありません。書面でおこなえますし、クリニックに直接出向いたり電話をしたりするなどして気まずい思いをすることもないでしょう。しかし、「自分がクーリングオフを申し入れた」という証拠をしっかりと残しておく必要があります。書留などで郵便局の窓口を利用することにより、「いつこの書面を出した」という記録を残すことができます。また、作成した通知書は裏・表しっかりコピーを取っておき、大切に保管しておきましょう。

クレジットの場合はクレジット会社にも

クレジットカードを利用して医療脱毛を契約する人も多いかと思います。契約にクレジットカードを使っていた場合は、「クリニック」と「クレジット会社」の両方に、クーリングオフの通知書を送る必要があります。不安な場合は使用しているクレジット会社の規約を確認するか、コールセンター等に問い合わせてみましょう。

クーリングオフ期間を過ぎた場合は?

「施術を受けてみたものの、やっぱり自分には合わないみたい…」というケースもありますよね。もう通うのを辞めたいけど契約期間中だし、クーリングオフの期間も過ぎてしまっている!という場合はどうすればいいのでしょうか。

クリニックによって内容が異なりますが、途中解約制度をもうけていることが多いです。この場合クーリングオフとは異なって全額返金は難しくなりますが、契約期間から施術分を差し引いた、残りの期間分の料金を返金してもらえます。そのため、カウンセリングの時点で「途中解約制度」があるかどうかや、その条件などを確認しておくことが大切です。

おシゲ先生まとめの一言

イラスト

カウンセリングやクリニックの雰囲気がよくて契約したものの、家に帰って冷静に考えたら「やっぱり辞めたくなってきた…」という気持ちになること、あるあるよね~。それに、契約してから他のクリニックのほうが良く見えてきた、っていうパターンもあるわね。以前はクーリングオフできなかった医療脱毛だけど、法改正によってクーリングオフ対象になったわ。「契約したら絶対通わなきゃいけない!」という状態を防げるのは消費者として嬉しいことだけれど、やっぱりそうならないように最初からクリニック選びは慎重におこなう必要があるわよ。クーリングオフは本人もクリニックにも手間がかかる行為だから、カウンセリング時なんかでちょっとでも迷ったら、契約を見送ってみてもいいかもしれないわね。

 

ページ上部へ戻る