HOME » 受ける前に知っておきたい医療脱毛の基礎知識 » 顔脱毛をするメリットとデメリットって?

顔脱毛の
メリット・デメリット!

顔をレーザー脱毛することによる、メリットとデメリットを両方知りたい!

いつも人の目に触れている部分だからこそ、顔はキレイにしておきたいですよね。「鼻の下に生えてくる、ヒゲのような産毛が気になる…」、「頬全体にうっすら生えている産毛の処理が面倒」などなど、顔のムダ毛について悩んでいる女性もきっと多いのではないでしょうか。いっそ全部なくして、このわずらわしさからオサラバしたい!と感じたら、医療レーザーによる顔脱毛がおすすめです。ここでは、医療レーザーで顔を脱毛することによるメリットや、自己処理との差、そして施術を受けることによるデメリットを紹介しています。顔脱毛を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

顔脱毛をする必要ってあるの?

濃くて太いヒゲが生える男性ならまだしも、薄い毛しか生えない女性が顔脱毛をする必要はあるのでしょうか。また、自己処理ではどうしていけないのでしょうか。まずは、顔脱毛をする必要性についてまとめました。

自己処理のリスク

脱毛をしない限りは、自分で顔・フェイスラインの毛を処理する必要があります。自己処理の方法はカミソリ・電気シェーバー・除毛剤など様々あり、自分の好みの方法で自己処理している女性が多いですよね。
しかし、これらの処理方法はすべて、肌に対して負担を与えているもの。顔のムダ毛を自己処理するたびに、肌荒れなどの肌トラブルや、毛穴の黒ずみ、毛穴の開きなどを誘発する可能性が高まります。そして、カミソリなどを使うことによってけがをしやすい、というデメリットも。 もちろんそれらを含めて自己処理を選ぶことも自由ですが、最大限肌に負担をかけないように常に注意しておかなくてはなりません。

肌が暗くくすんで見える

「自己処理するだけでトラブルの危険性があるなら、生えたままでいいや」という人もいるかもしれません。産毛は細く色も薄いため、生えていてもそこまで気にならないという意見もあるかもしれませんね。 しかし、産毛が顔全体に生えている状態は、肌の上に薄い黒色のテクスチャーを乗せているようなもの。顔に産毛があるだけで、肌全体が暗くくすんで見えるのです。日本人の毛質はどうしても黒い色のため、いくら細くて薄い産毛でも肌の見え方への影響は避けられません。

化粧ノリが悪くなる

産毛が生えている状態でメイクすると、ファンデーションが肌に直接触れないため、出来栄えにムラができてしまいます。また、毛に皮脂などが付着しやすくなるため、化粧崩れも起こしやすい状態です。毛が生えているとどうしても塗り具合に凹凸ができてしまうため、化粧ノリが悪くなってしまいます。

顔脱毛をするメリット

顔脱毛をする必要性がなんとなくわかってきたところで、次は顔脱毛をすることによって得られるメリットを紹介します。

自己処理がなくなる

なんと言っても、ありとあらゆるトラブルを招く元になっている「自己処理」をしなくてよくなるということがメリットです。自己処理をしなくなることによって、肌のトラブルを起こしにくくなり、また自分で処理する煩わしさからも解放されます。

肌がワントーン明るくなる

顔全体を覆っていた産毛を除去することで、肌の色がワントーン明るくなります。人によっては、ファンデーションの色を明るく変えたくらいの効果を得られることも。産毛によって生じていたくすみや暗さが一掃されるので、それだけで肌がワンランク上の状態に。

毛穴が引き締まって美肌に

レーザー脱毛をすることにより毛がなくなり、毛穴が引き締まります。毛穴に汚れがつまりにくくなり、毛穴の開きや黒ずみが改善され、ムダ毛のないツルツルな素肌を目指すことができます。

レーザー自体の美肌効果も

産毛にも反応しやすいダイオードレーザーを使用して脱毛すると、レーザー自体の美肌効果を得ることができます。ダイオードレーザーはシミやニキビの治療にも使われることがあるレーザーです。そのため、顔にレーザーを照射することで、脱毛と同時にシミやニキビの改善効果を得られることも!また、レーザー照射によって新陳代謝が促進され、肌のコラーゲン生成率がアップするという効果もあります。

スキンケアの効率がよくなる

顔に生えている産毛は、顔を保護してくれる役割ももちろんありますが、普段使用している化粧水などのスキンケアアイテムの浸透が悪くなるというデメリットもあります。産毛を除去することで化粧水などの浸透率が高まり、効率的にスキンケアをすることが可能です。

ニキビや吹き出物ができにくくなる

顔の産毛をなくすと毛穴が引き締まり、毛穴の中に皮脂やホコリなどの汚れが溜まりにくくなります。そのため、炎症の原因になっていた菌が繁殖しにくくなり、ニキビや吹き出物ができにくい肌にすることができます。また、自己処理をしないことによる効果も大きいです。

顔脱毛をするデメリット

最後に、顔脱毛をするデメリットについても紹介しておきます。メリットがたくさんある半面、以下のようなデメリットが生じるリスクもあるということを覚えておきましょう。

費用がかかる

医療レーザーで顔脱毛をするためには、数万円から十数万円の費用がかかります。自己処理に比べて大きくコストが上がってしまいます。

痛みがある

レーザー脱毛には、多かれ少なかれ痛みが伴います。個人差がありますが、なかには痛みに耐えられないと感じる人も。

日焼けに気を付けなくてはいけない

レーザー脱毛後の肌はとてもデリケートなため、いつも以上に紫外線に対して注意しなくてはいけません。レーザー照射後の肌が日焼けしてしまうと、通常の肌よりダメージを負いやすくなりますので、脱毛前後は紫外線対策をしっかりおこなう必要があります。

皮膚トラブルのリスクがある

レーザー脱毛をすると、肌が赤みや熱を持ってヒリヒリしたり、腫れてしまったりすることがあります。数時間~1日程度でおさまることがほとんどですが、なかには炎症を起こしてしまう人も。顔という目立ちやすい場所のため、皮膚トラブルが起こってしまったときは仕事などを休まなくてはならないことも。もし脱毛後の肌に異変が起こった時は、施術を受けたクリニックに相談するようにしましょう。

硬毛化や多毛化のリスクがある

レーザーを受けた部分の毛が、ごくまれに増えたり硬くなったりすることがあります。こういった硬毛化や多毛化は、再度レーザーを受ければ解消されることがほとんどです。

おシゲ先生まとめの一言

イラスト

顔の脱毛をするといろいろな嬉しい効果があるってこと、わかってもらえたかしら?でもそれと同時にやっぱりデメリットも存在するから、そこだけは注意しておいてね。それでもOK!と心が決まったら、あとはクリニックにお任せしちゃいましょう!デメリットのうちのひとつである肌トラブルは、医療機関であるクリニックに相談すれば適切な処置をしてもらえるわ。美容皮膚科はその道のプロなんだから、もし何かあっても治療してもらえるし、安心して大丈夫よ。脱毛によって産毛がなくなったら、お化粧ノリも良くなるしお肌のトーンも明るくなるし、いいこと尽くめ!何より、自己処理によるトラブルを回避できるうえ、面倒くささや煩わしさがなくなるっていうのも魅力的よね~。ここぞ!というクリニックを見つけたら、思い切って施術を受けてみてね!

 

ページ上部へ戻る