HOME » 受ける前に知っておきたい医療脱毛の基礎知識 » 医療脱毛で埋没毛は改善できる?

医療脱毛と埋没毛

埋没毛があっても医療脱毛はできるの?医療脱毛と埋没毛の関係について見ておきましょ。

埋没毛があると、埋没毛の周囲が腫れてしまったり、ムダ毛を処理していないように見えたり…といった問題が起こりがち。そのため「不潔に見えないかな?」と悩みを抱えている方も多いのでしょう。医療脱毛をしてキレイにしたいけど、「埋没毛があるのに上手く脱毛できるの?」「埋没毛の部分が痛くならない?」といった心配をしている方も多いと思います。ここでは、埋没毛ができる原因や、医療脱毛による埋没毛の改善効果について解説します。

埋没毛の正体は皮膚の下で伸びたムダ毛!

埋没毛とは、毛穴が塞がってしまい、ムダ毛が皮膚の外にでられないまま伸びてしまった状態を指します。 埋没毛は特にVラインや脇の下など、太くて濃いムダ毛のある部分にできやすいのが特徴です。足のムダ毛が濃い場合は、膝や股などにもできることがあります。

埋没毛ができる原因は「ムダ毛の自己処理」

埋没毛ができてしまう主な原因は、度重なるムダ毛の自己処理によって起こる「肌荒れ」です。 ムダ毛をカミソリで処理している時にカミソリ負けしてしまい、皮膚が赤くなったり、細かい傷ができたり…と肌荒れを起こした経験がある方は多いかと思います。

また、毛抜きによる自己処理を行うと、ムダ毛が途中で切れて埋没毛になったり、毛穴の周りの皮膚が傷ついて炎症を起こしたりすることがあります。

同様に、脱毛クリームや脱毛ワックスによる自己処理も皮膚にダメージを与えてしまうことが多いです。 ダメージを受けた皮膚は、皮膚を再生して入れ替える「ターンオーバー」の頻度が遅くなりますので、古い皮膚がたまって角質が厚くなってしまいます。 そして、角質が厚くなると毛穴がふさがり、埋没毛ができてしまう原因となるのです。

医療脱毛は埋没毛にも効果あり!

埋没毛をなるべく早く改善したい、また再発を防ぎたい場合は、医療脱毛がおすすめです。カミソリや毛抜きは皮膚の表面に出ているムダ毛しか処理できませんが、医療脱毛に使用されるレーザーなら、皮膚の内側にある埋没毛にも作用するからです。

一般的な医療脱毛のレーザー機器は、黒いメラニン色素をターゲットにして脱毛するようにできています。ですから、細くて色が薄いムダ毛よりも、太くて色が濃いムダ毛によく効くのです。

埋没毛は太くて色の濃い場合が多いですから、皮膚の下にあったとしても色が見えてさえいれば高い効果が期待できます。 また医療脱毛は、効果の高いレーザーによって毛の組織を破壊する脱毛方法ですので、埋没毛が再発する心配もありません。むしろ、埋没毛がある方にはおすすめの方法だと言えます。

埋没毛でも医療脱毛を受けて問題ありません!

医療脱毛が埋没毛に効果があることがわかりましたが、施術によるリスクはないか心配ですよね。でも、安心してください。埋没毛の方が医療脱毛をしても、問題ありません。クリニックによっては、事前に埋没毛を表に出す処置をしてから施術してもらえることもあります。

ただし埋没毛は皮膚の中に埋まっていますので、脱毛効果があったとしても、皮膚から出て来るまでにはある程度時間のかかるケースが多いです。すぐにスルッと抜け落ちるという訳ではないんですね。

また、一度の施術では完全に脱毛できないケースや、なかなか抜け落ちないケースもあります。 しかし、医療脱毛の施術者は医師や看護師なので、そのような場合でもすぐに相談できて安心ですよ。

また、医療脱毛の効果を高めるために、施術前に以下のような処理を行っておくといいでしょう。

医療脱毛前に角質を除去しておきましょう

医療脱毛の前に、優しく根気よく「スクラブマッサージ」や「ピーリング」を行い、お肌の角質を除去しておきましょう。古い角質を除去する効果があるピーリング剤や、樹脂などの細かい粒が入ったスクラブ剤が市販されていますので、それを使用してマッサージする方法です。強くこすると肌が黒ずんでしまうなど別のトラブルを起こす可能性がありますから、注意してくださいね。

医療脱毛の前に厚くなった角質を落としておくことで、レーザーが埋没毛に届きやすくなるでしょう。 また、保湿をしっかりする、自己処理を控えるなど、素肌を健康な状態に戻しておくことも大切です。ターンオーバーが正常になれば、埋没毛が早く抜け落ちるようになります。

埋没毛こそ、自己処理で抜こうとしてはダメ!

埋没毛は、なかなか出てこなかったり、見えると恥ずかしかったり…という理由で自己処理したくなるものです。 ですが、埋没毛を自己処理することは絶対にやめましょう。

ピンセットや針などで無理やり皮膚に穴をあけて埋没毛を取り出す方法は、リスクが高すぎます。埋没毛を取り出すためにほじくったところからバイ菌が入ると、皮膚が炎症を起こして毛嚢炎が悪化したり、痕が残ったりしてしまう可能性も考えられます。それに、もしも無事に埋没毛を取り出すことに成功したとしても、同じところからまたムダ毛が生えてきますから、すぐに再発する可能性が高いのです。

再発を防ぐためにも、医療脱毛を受けてスッキリ改善することをおすすめします。

おシゲ先生まとめの一言

イラスト

埋没毛ってほんとイヤよね〜。目立つし、ブツブツになったりして見た目も気持ち悪いし〜。しかも化膿して腫れてきたら痛いしサイアクよね。埋没毛を自分で抜くのは大変だし、いろいろリスクもあるから、止めておいたほうがいいわよ〜。医療脱毛なら埋没毛にも効くし、再発の心配もないからおすすめだわ。もし何かあってもすぐにお医者さんに相談できるし、やっぱり医療脱毛が一番楽だし安心よね〜。

ページ上部へ戻る