HOME » 受ける前に知っておきたい医療脱毛の基礎知識 » どうやって毛がなくなる?

医療脱毛の仕組みは?

脱毛の知識~3つの脱毛法の仕組みを徹底比較

脱毛のスタンダードな方法といえば、レーザー脱毛とフラッシュ脱毛。実はこの他にもエステサロンで行う「美容電気脱毛(ニードル脱毛・絶縁針脱毛)があります。この3つに共通するキーワードは「毛周期(毛が生えるサイクル)」。それぞれ脱毛方法や脱毛の仕組みは違いますが、毛周期に合わせて施術することで、脱毛効果を高めています。レーザー脱毛・エステ脱毛・美容電気脱毛の、それぞれの脱毛のメカニズムと毛周期についてみていきましょう。

レーザー脱毛(クリニック脱毛)の仕組み

レーザー脱毛は医療レーザー脱毛器を使った脱毛方法です。レーザーには、単一の光(波長)が一方向に進み、特定の色や物質に作用する特徴があり、レーザー脱毛には、黒い色に反応するレーザーが使われています。照射すると皮下の毛のメラニン色素に熱が伝わり、その熱が周囲に広がって、毛を作る毛母細胞を破壊して、毛の成長を阻害します。

脱毛前に頭に入れておきたいことは、成長期のムダ毛に照射しなければ、効果がないということ。この時期のムダ毛は、毛母細胞の血管から栄養を吸収しているので、そこを断ち切ることで脱毛効果を発揮します。逆にいうと、退行期に施術を受けてもまったく意味がないということです。

ムダ毛の生え変わるサイクルは平均して2か月です。部位ごとに若干の差があり、手足で3~5か月、脇の下とビキニラインが約4か月かかります。毛周期に合わせて施術するため、部位ごとに処置回数や期間が変わってきます。

光脱毛・フラッシュ脱毛(エステ脱毛)の仕組み

フラッシュ脱毛(=光脱毛)は、IPL(インテンスパルスライト)などの機械を使い、毛に光を照射して脱毛する方法です。フラッシュ脱毛の光は、「可視光線」と呼ばれる、メラニン色素など黒い組織にだけに作用する性質があります。照射して毛根(毛頭)に光が届くと、熱でむだ毛を焼き切って、数日後には抜け落ちる仕組みです。

レーザー脱毛との大きな違いは、光の出力が弱いことです。毛周期に合わせて施術しますが、毛の再生を遅らせるだけなので、永久的な効果は期待できません。そのため不再生脱毛といわれています。一度、脱毛したムダ毛が再び生えてきますが徐々に薄くなっていき、通常は数回の施術で脱毛効果を実感できるようになります。施術を受ける感覚は部位ごとによって異なりますが、通常は2~3か月に一度、毛周期に合わせたペースがベスト。期間も部位ごとに異なりますが、1~2か月ぐらいかけて脱毛が終わります。

美容電気脱毛(ニードル脱毛・絶縁針脱毛)の仕組み

美容電気脱毛は、ニードル脱毛・絶縁針脱毛ともいわれる、エステサロンで行う脱毛法です。脱毛の仕組みは、直接毛穴に絶縁針を入れて、毛根に電流を流して毛乳頭を破壊して脱毛する方法です。使用する針は数種類ありますが、一般的には毛根に接する分部が絶縁になっている絶縁針を使うことが多く、火傷の心配がありません。ただし毛穴に直接針を入れるため、施術者のテクニックに左右されやすく、難易度の高い脱毛といえます。

毛が生えている部分でしたら部位を選びません。毛周期に合わせますが、一回の施術で効果的な脱毛ができます。脱毛を終えるまでの目安は部位によって異なり、半年~2年ぐらいです。施術時間は、両脇でしたら1回の施術で1時間~1.5時間かかり、回数は2か月に1度のサイクルで5~6回、期間は1~1年半ぐらいかかります。レーザー脱毛の最終仕上げとして、絶縁針脱毛を併用するケースが多いようです。

おシゲ先生まとめの一言

イラスト

脱毛方法の仕組みを知っちゃったら、もうダメっ。安全でつるっつるのお肌になりたかったら、やっぱりクリニックに限るわ~。だって信頼できるドクターとプロの施術者がいるわけじゃない。安心してお任せできる医療脱毛を絶対に選ぶべきよね!

受ける前に知っておきたい脱毛の基礎知識のページ一覧

ページ上部へ戻る