VIO脱毛の
痛みとは?

VIO脱毛の痛みについて知っておきましょう

VIOの脱毛を検討している多くの人が一歩踏み出せない理由として「口コミで痛いって見たから」「友だちに痛かったって言われたから」など様々なところで痛いという情報を耳にしているからではないでしょうか。
痛みの感じ方は人それぞれなので、全員が痛みを感じるというわけではありません。例えば皮膚が薄い人は照射の反動が骨まで響いてしまう人もいますし、痛みに強い方は輪ゴムで弾かれた感覚と言う人もいます。そのため、一概には言えませんが全てのVIO脱毛が痛いとは限りません。どうしても心配や不安が解消されないという方は、まずは専門知識を持っている医師に相談してから受けるようにしましょう。

VIO脱毛はどれくらい痛い?

「VIO脱毛をしたい」と考える人はすでに脱毛経験がある人だと思います。ただ、脱毛経験者でも不安になるVIO脱毛。その不安の大半は脱毛の口コミや評判を見てだと思います。実際にVIO脱毛を受けた人の口コミを見ると

  • レーザーで照射したときに毛が濃い部分は痛みを感じやすかった
  • VIOなかでも毛穴がたくさんある部位が痛くて思わずレーザーの強さを弱めてもらいました
  • VOとワキ脱毛は我慢できる痛みでしたが、Iは異常なほど痛みを感じました

などと痛みを感じている人はいますが、痛みを感じる程度はそれぞれ。VIOのなかでもとくに粘膜に近いIラインは痛みを感じる様です。

また、レーザー脱毛・光脱毛・電気脱毛それぞれで痛みが異なるので意識して選ぶと◎。3つなかでも痛みを感じやすいのは電気脱毛です。細い針を毛穴1つひとつに差しこみ電気を流していくので「体に響くような強い痛みを感じた」という人がほとんどですが、毛根を完全に壊していくので永久脱毛が可能。しかし、1回の施術に時間がかかるため取り扱っているクリニックは少ないようです。

電気脱毛の次に強い痛みを感じてしまうVIO脱毛法は「レーザー脱毛」です。皮膚の上からレーザーを照射して毛細細胞を破壊するほどの威力があるため、それだけの痛みを感じてしまいますが、毛根から刺激していくので脱毛が終了するとムダ毛が再生することはほとんどなく、永久に生えてくることはありません。

3つのなかでも痛みが弱いのが光脱毛。多くの人が輪ゴムで弾かれたような痛さという脱毛方法です。しかし、VIOは他の部位よりもデリケートな部分。必ずしも痛みが抑えられるかと言われるとそうではありません。

施術方法によっても痛みが人によって異なるが、クリニックで受ける医療脱毛の場合、施術前に麻酔をすることもできます。まずはクリニックや病院でカウンセリングに行き、医師に自分にはどの脱毛法がベストなのかを聞いてみる様にしましょう。

VIOの脱毛が部位に比べて痛みを感じる理由

VIOの脱毛が他の部位と比べて痛みを感じやすい特徴として代表的な3つの理由があります。ここでは、痛みを感じる理由を簡単にまとめてみました。

他の部位より肌が薄い

VIOは体の他の部位より肌が薄く、痛みや熱さを感じやすいという特徴があります。さらにIOラインに関しては、肌と肌での摩擦はもちろん、下着と肌がこすれてしまい皮膚は黒ずみがち。脱毛に使用するレーザーや光は色が濃いものに反応してしまうため、黒くなってしまった肌に大きく反応して痛みに繋がってしまうのです。

VIOの毛質

レーザー脱毛や光脱毛は濃い色素の部分に強く反応します。体のなかでも比較的濃いとされるVIOの毛は効果が出やすい部分。効果が期待できる分、VIO部分に加わる熱は大きくなり、痛みへと変わってしまいます。

脂肪がなく、骨が近い部位

VIOはヒジやヒザといった関節と一緒で、骨盤や恥骨など骨が出ている部位。そのため脂肪がたまりにくいといった特徴があります。そんなVIOに照射すると、薄い皮膚を通り越し骨にレーザーや光による衝撃が伝わり重たく骨に響くような痛みを感じてしまうのです。しかし、ヒリヒリする継続な痛みではなく、後を引かない瞬間的な痛みなので多くの人は耐えきれるでしょう。
実際にVIOの脱毛を受けた人の中には「VIOは他の部位と比べて痛い」「痛すぎて思わずレーザーの強さを弱めてもらった」という声もありました。人によって脱毛の痛みはそれぞれです。また対応してくれるスタッフでも痛みは左右されるので一概に「みんなが痛い」とは言えないのですが、多くの人が瞬間的な痛みを感じてしまうのは事実です。

VIO脱毛の痛みを出来るだけ軽減する方法

VIO脱毛をしたいけどなかには「痛みに敏感で怖くてできない」と、一歩目がなかなか踏み出せないという人もいるのではないでしょうか?実は痛みを和らげる効果が期待できる方法があるんです。ここではそんな痛みを和らげる方法を紹介していきますのでチェックしておいてください。

生理前後は避ける

VIO脱毛の痛みを避けるためにはタイミングを図るのも1つの手です。とくに女性の体はデリケートにできています。個人差はあると思いますが、生理の前後、睡眠不足、体調不良などがあると通常より痛みを感じてしまう人が多いようです。そのため、できるだけ自分の体調面を配慮しながら受けるようにしましょう。

冷却法

脱毛する部分を施術前、施術中、施術後に冷却します。そうすると冷却している部分だけ感覚がなくなり、痛みを感じずに完了できるのです。さらには痛みを抑えるだけではなく、照射後の炎症も抑えてくれるため、カウンセリング段階で対応しているかどうか確認しましょう。

麻酔をつかう

どうしても痛みを感じずに脱毛をしたいという人には麻酔を使う方法もあります。照射前に塗るだけの「麻酔クリーム」、ガスタイプの「笑気麻酔」が利用可能。どちらも追加料金が発生してしまいますが、どうしても痛みに敏感だという人は利用してみるのも1つの手だと言えるでしょう。

脱毛方法を痛くない方を選択

単に脱毛と言っても「ブラジリアンワックス脱毛」「レーザー脱毛」「光脱毛」など様々な種類があります。一番痛みを感じないのは家庭用脱毛機。しかし、家庭用脱毛機の効果はちょっとずつしか得られません。そういうことを考えるとパパッと終わらせられるエステ脱毛などを利用した方が良いことがわかります。体質や体調などで痛みは異なるので、まずは専門知識のあるクリニックやエステなどで相談してみることがベストです。

おシゲ先生まとめの一言

イラスト

VIO脱毛は多少の痛みを感じると思っていた方が良さそうね。クリニックによっては、麻酔対応してくれるところもあるらしいから、「どうしても痛みには弱い」っていう女子は麻酔対応してくれるクリニックを選ぶといいわ。
とくに女性の体はデリケートにできているからこそ脱毛するタイミングもしっかりと見計らって利用するのがベストよ!生理前後、体調不良のときにVIO脱毛を受けてしまうなんてもってのほか!が余計に痛みが加わってしまうので注意して脱毛しなきゃね。

ページ上部へ戻る