イラスト

背中の医療脱毛費用と回数の目安

背中はうぶ毛の色が薄くて効果が現れにくく、しかも毛が硬毛化しやすいパーツです。脱毛方法を選ぶ時に価格だけで判断してしまうと、効果が現れないばかりか、経済的にも負担がかかります。脱毛方法を選ぶ時は、医療脱毛・エステ脱毛・セルフ脱毛の違いを調べて、効果重視で判断するのがベストです。そこで医療脱毛・エステ脱毛・セルフ脱毛の効果や費用、施術のメリット・デメリットについて、まとめています。

3種類の脱毛方法を比較!

医療脱毛(レーザー脱毛)

レーザー脱毛は、医療機関のみに許されている脱毛施術です。エステ脱毛よりも強い出力で毛根と毛のメラニン色素にダメージを与えて、短期間で永久脱毛ができます。背中のうぶ毛は色素が薄く、反応しにくいことがあるので、脱毛器の種類選びが重要。脱毛を終えるまでの回数は12回ぐらいが平均です。気になる費用は55,000円(5回)から。完璧を目指すなら、回数制限なしの脱毛し放題コース105,600円がベストです。

費用の目安(5回)
55,000円~
完全に脱毛できるまで
約12回(12ヶ月)

※効果には個人差があります。

エステ脱毛(フラッシュ脱毛)

フラッシュ脱毛は現在のエステ脱毛の主流です。特殊な光を背中に照射すると、ムダ毛のメラニン色素に反応し、施術後10~20日ぐらいで抜けてきます。背中の毛は色素が薄いので、光に反応しづらく、あまり効果は期待できません。サロンでの施術は、背中全体・上部・下部の3つのパターンがあります。終わりが見えない施術なので無制限コースがベスト。費用は背中上・下各42,000円(8回)。回数制限なしの脱毛し放題コースは75,200円。

費用の目安(8回)
42,000円~
完全に脱毛できるまで
約36回(以上?)

※効果には個人差があります。

セルフ脱毛(ワックス脱毛)

最近ではミツロウやハチミツなど原料にしたワックスや、ブラジリアンワックスに、人気が集まっています。ワックスを背中に塗って、脱毛する方法です。1回で毛根から根こそぎ脱毛できますが、範囲が広い上に手が届きにくい場所なので、ムラが出てしまうことが。お肌が弱い人は、皮膚トラブルを起こすことがあるので要注意。永久脱毛効果はないので、毛が生えてくるたびに脱毛する必要も。費用は3千円台~5千円台(ワックス1瓶)です。

費用の目安(1瓶)
3,000円~
完全に脱毛できるまで
不可能

※効果には個人差があります。

背中の脱毛を受けるメリット・デメリット

背中の脱毛のメリット

●手が届きにくい部分でもしっかり脱毛できる
背中は手が届きにくく、自己処理をすると、肌トラブルになりかねません。医療脱毛は出力の高いレーザーを照射して、うぶ毛を脱毛するので、効果的な脱毛ができます。照射時間も短く60分程度。1回の施術でうぶ毛が1~2割減り、4回ぐらいで効果が実感できます。施術回数は12回程度で2年ぐらいで終わります。

●毛が硬くならずに背中がキレイになる
背中のうぶ毛は柔らかいため、自己処理やエステ脱毛を繰り返すと、毛が太くなります。かえってうぶ毛が目立って、汚く見えてしまうのです。医療脱毛で使用する脱毛器には色々な種類がありますが、ダイオードレーザーで施術すると、柔らかいうぶ毛でも硬毛化を防ぎで、背中が美しくなります。

●ドクターがいるから安心できる
医療脱毛は、医療機関だけでできる施術です。ドクターの診察と指導があるので、お肌や毛質に合った適切な施術が受けられます。万が一、トラブルがあってもその場で治療ができ、薬の処方もあるので安心して施術が受けられます。また医療レーザーには、背中ニキビの改善効果もあります。

背中の脱毛のデメリット

●火傷や痛みの心配がある
施術中に痛みがあります。特に背中は骨ばっているので、強い痛みを感じることが多いようです。出力を上げ過ぎると火傷をしたり、炎症を起こす場合もあります。安全とはいえ施術者のテクニックに左右される施術です。あまりにも耐えきれない場合は麻酔を使ってもらったり、出力を下げてもらうといいでしょう。

●脱毛器によっては毛が増えたり濃くなる
レーザー脱毛器の中には、背中のうぶ毛のように柔らかい毛の脱毛が不得意なものがあります。選び方を間違えると脱毛効果が得られないばかりか、かえって毛の量を増やしたり(増毛化)、硬くなる(硬毛化)恐れがあります。施術を受ける時は、うぶ毛の脱毛に有効な脱毛器があるクリニックがベストです。

●健康保険が使えないので施術料が高くなる
医療機関で行う脱毛ですが、施術は自由診療になります。健康保険が使えないので施術費用が高くなり、治療費負担が大きくなります。またクリニックごとの料金に格差があり、標準価格がわかりにくい面も。それぞれに特徴があり、導入している脱毛器も違うので、比較した上で選ぶといいでしょう。

ページ上部へ戻る