HOME » 【部位別】医療脱毛お役立ち情報 » 顔・フェイスライン
イラスト

顔・フェイスラインの医療脱毛費用と回数の目安

顔にうぶ毛は厄介な存在で、顔色を悪く見せたり化粧ノリを悪くします。色々な脱毛法がありますが、それぞれに特徴があり費用や効果も違います。選び方を間違えると、お肌を傷つけたり、シミ・肌荒れなどの原因にもなり、お肌をボロボロにしてしまいます。

安全性が高く、効果も大きいのが医療脱毛です。そこで、ここでは医療脱毛の特徴などについてまとめました。クリニックでの脱毛検討している方はぜひともチェックしてみてください。

3種類の脱毛方法を比較!

医療脱毛(レーザー脱毛)

レーザー脱毛は高出力の医療レーザー脱毛器を、うぶ毛に照射して脱毛する、皮膚治療の一つです。デリケートな部分なだけに、施術後が心配ですが、脱毛器の性能がよくなり、安全性が高まっています。毛の質によって効果は変わりますが、一般的には2~3回で目に見えた効果が実感でき、脱毛を終えるまでには6回~10回ぐらいかかります。気になる費用は5万円台(6回)~14万円台(5回)。クリニックによってかなり幅があります。

費用の目安(5回)
50,000円~
完全に脱毛できるまで
約10回(12ヶ月)

※効果には個人差があります。

エステ脱毛(フラッシュ脱毛)

エステサロンで、毛根のメラニン色素にIPLとよばれる光をあてて、毛を目立ちにくくする方法です。レーザー脱毛に比べると、光の波長が弱いので、お肌への負担や痛みが少ない施術といえます。出力が弱い分、その効果も弱まり、レーザー脱毛の2~3倍はかかります。個人差もありますが、脱毛が終了するまでに10回~20回、年数にして2~3年はかかります。気になる費用は、5万円台~7万円台位が相場のようです。

費用の目安(10回)
50,000円~
完全に脱毛できるまで
約20回(36ヶ月)

※効果には個人差があります。

セルフ脱毛(ワックス脱毛)

脱毛ワックスや脱毛クリームなど、セルフ脱毛には色々な方法があり、デリケートな顔は、カミソリや電気シェーバーでうぶ毛を剃る場合が一般的です。医療脱毛やエステ脱毛と違い、1回でお肌がツルツルになりますが、数日でうぶ毛が伸びてきます。そり残しも多く、完全脱毛は現実的に不可能です。費用は電気シェーバーでしたら数千円から1万円台。カミソリも1回に数百円程度。長期的に考えると意外と高くつきます。

費用の目安(カミソリ1回)
2~300円~
完全に脱毛できるまで
不可能

※効果には個人差があります。

顔・フェイスラインの脱毛を受けるメリット・デメリット

顔・フェイスラインの脱毛のメリット

●毎日の化粧のノリがよくなる
うぶ毛があると水分や油分を弾いてしまいます。ファンデーションがのりにくくなり、化粧ノリが悪くなります。脱毛することで、粒子がお肌に浸透して化粧ノリがよくなり、見違えるような美しいお肌になります。

●肌がワントーン明るくなる
うぶ毛があると、毛の色でお顔がくすんで見えたり、暗い印象を与えがちです。脱毛することで、顔全体を覆っていた毛がなくなるので、クスミが取れてお肌がクリアになります。お顔もぐんと明るくなって、表情が華やかになります。

●肌トラブルがなくなる
うぶ毛についた皮脂やほこりが毛穴に入ると細菌に感染して、炎症などの肌トラブルを引き起こします。また洗顔しても汚れを完全に落としきれないことも。施術を受けるとこれらのトラブルを避けることができます。

●自己処理のリスクを避けられる
カミソリで自己処理をすると、お肌に小さな傷がついてシミや色素沈着などの肌トラブルを招きます。医療脱毛でしたらお肌を傷めずに脱毛できます。お肌の状態が安定するので、いつまでも若々しさを保つことができます。

顔・フェイスラインの脱毛のデメリット

●施術中の痛みがある
部位によって差がありますが、施術中に痛みがあります。人によっては耐えられない痛みを感じる場合も。多くのクリニックでは麻酔が使えますので相談するといいでしょう。施術回数を重ねると痛みが感じにくくなるようです。

●お肌が敏感だと一時的にひりひりする
照射後、お肌が炎症を起こして赤くなったり、ひりひりすることがあります。早ければ数時間で治まりますが、人によっては2~3日続く場合も。クリニックによっては薬を処方するところもあるので、相談するといいでしょう。

●照射した部分が火傷することがある
肌質や毛質によっては、レーザーが皮膚に強く反応しすぎて火傷することがあります。通常は照射テストを行うので火傷の心配はありません。万が一、火傷をしても医師がそばにいるので、すぐに処置してもらえます。

●自費診療になるので費用が高額になる
医療脱毛は、エステ脱毛に比べて1回の施術料が高く、しかも10回前後の通院が必要です。保険が適用できないので費用も高額に。毛の生えてくるサイクルに合わせて施術するため、定期的に通院する煩わしさもあります。

顔脱毛をした後は化粧をしてもいいの?

顔脱毛をした後は、化粧をしても大丈夫です。ただし保湿ケア、紫外線対策は怠らないようにしましょう。

顔脱毛の後は化粧をしても問題ありません

クリニックで顔脱毛を受けた直後に、化粧をしても特に大きな問題はありません。

ただし、中には施術直後に炎症を起こしている場合もあるため、クリニックでよく確認をしてもらい、OKが出たら化粧をする、という姿勢で臨んでください。肌が弱い人については、できれば化粧をしないほうが無難です。

保湿ケアと紫外線対策は忘れずに

顔脱毛の後は、肌の表面が著しく乾燥しています。いわゆるバリア機能が低下している状態になるため、各種の肌トラブルを避ける意味でも保湿ケアは完璧に行なってください。

また、施術直後の肌表面は、紫外線にとても弱い状態となっています。帰宅途中で浴びた紫外線が原因で、顔にシミが残ってしまう可能性も否定できません。化粧や保湿ケアとあわせて、紫外線対策もしっかりと行なって帰宅しましょう。

顔脱毛はニキビがあっても脱毛してもらえる?

ニキビの範囲によっては、顔脱毛ができない場合もあります。詳しくはクリニックに相談してください。

ニキビが広範囲に及ぶ場合には顔脱毛できないことも

軽度のニキビの場合は、ニキビを避ける形でレーザーを照射させれば問題ありません。しかしながら、ニキビが広範囲におよぶ場合にはレーザーがニキビに当たってしまい、症状を悪化させる恐れがあります。ニキビの症状の程度により顔脱毛の可否が判断される、ということです。

なお、ヤグレーザーというタイプの脱毛器は肌表面に反応しない仕組みとなっているため、ニキビがあっても顔脱毛をできる可能性はあります。

クリニックでカウンセリングを受けてみてください

どの程度のニキビなら顔脱毛が可能なのか、素人には判断できません。できる、できないを自己判断せず、一度クリニックへカウンセリングに行ってみることをお勧めします。

顔脱毛はシミがあっても脱毛してもらえる?

顔にシミがあったとしても、基本的には問題なく顔脱毛を受けることができます。

シミがあっても顔脱毛は受けられます

シミがあると顔脱毛を受けられない、という誤解が拡大しています。実際には、たとえ顔にシミがあったとしても問題なく脱毛を受けることができます。

ただし、同じシミでも肝斑の場合には顔脱毛をすることができません。肝斑の症状が悪化する恐れがあるからです。

美白効果も期待できる

最も有名な医療脱毛器「アレキサンドライトレーザー」は、もともと脱毛用ではなく、美白治療用として開発された医療機器。よって、顔脱毛を受けることにより、シミが悪化するどころか、逆に薄くなっていく効果が期待できます。

ニキビ跡があっても顔脱毛はしてもらえるの?

ニキビ跡のタイプ、およびクリニックで使用している脱毛器の種類により、顔脱毛ができる場合とできない場合とがあります。

クレーター型のニキビ跡なら顔脱毛ができる場合もある

ニキビ跡には、大きく分けて、クレーター型と色素沈着型の2種類があります。これらのうち、クレーター型のニキビ跡であれば顔脱毛を受けられる可能性が高いでしょう。

一方で色素沈着型のニキビ跡の場合、レーザーがニキビ跡に反応してヤケドや炎症を起こすリスクがあるため、場合によっては顔脱毛を受けられない可能性があります。

ヤグレーザー系脱毛器なら施術可能なこともある

代表的な医療脱毛器は、アレキサンドライトレーザー系、ダイオードレーザー系、ヤグレーザー系のいずれかに分類されます。これらのうち、ヤグレーザー系の脱毛器は肌表面に反応しない性質があるため、色素沈着型のニキビ跡がある人でも顔脱毛を受けられる可能性はあります。

ホクロがあっても顔脱毛はしてもらえるの?

ホクロが薄い場合は、問題なく顔脱毛を受けることができます。ホクロが濃い場合には、保護シールを貼って顔脱毛を受けることができます。

ホクロがあっても顔脱毛を受けることができる

ほんの数年前までは、ホクロがある患者に対する医療脱毛は禁忌とされてきました。レーザーがホクロに反応し、ヤケドを起こしてしまうリスクがあったからです。

しかしながら近年では、ホクロが薄い場合に限り、顔脱毛を受けられるクリニックが多くなってきました。中には「レーザーでホクロを薄くすることができる」として、ホクロを消したい方に顔脱毛を推奨しているクリニックも見られます。

ホクロに保護シールを貼れば顔脱毛ができる

ホクロの存在によりヤケドのリスクが懸念される場合でも、ホクロに保護シールを貼れば、レーザーは反応しません。よって、たとえ大きなホクロがある場合でも、患者が希望すれば顔脱毛を受けることは可能です。

顔のレーザー脱毛による硬毛化とは?

施術を受けた部位の毛がなくなるどころか、逆に太く濃くなってしまう現象のことを、硬毛化と言います。硬毛化は産毛の多い場所に起こる傾向があるため、産毛が大半を占める顔においても硬毛化が生じるリスクはあります。

硬毛化とは、施術後に毛が太くなってしまう現象

硬毛化とは、施術を受けた部位の毛が太く濃くなってしまう現象のこと。顔を始め、うなじ、肩、二の腕など、産毛の多い部位に発症する傾向があります。

硬毛化のメカニズムは明らかにされていませんが、一説では、レーザーの刺激で細い毛の毛根が活性化するとも言われています。

硬毛化の再施術を無料にしているクリニックを選びましょう

医療脱毛は、太くて濃い毛の脱毛を得意とし、逆に細くて薄い毛の脱毛を苦手とします。よって、硬毛化により太くて濃い毛に変質したならば、改めて施術を受けることで確実に脱毛することが可能です。

ただし硬毛化への対応は、クリニックによってまちまち。副作用に対するアフターケアの一環として無料対応しているクリニックもあれば、追加料金を支払わなければ再施術してくれないクリニックもあります。

カウンセリングの際、硬毛化に対するクリニックの対応を確認するようにしておきましょう。

顔・フェイスライン脱毛で押さえるべきポイント

色素が薄くて分かりにくいですが、意外とふさふさしている顔周りの産毛。カミソリやシェーバーで処理したことがある人は、ムダ毛の多さに愕然としたという方も多いのではないでしょうか?

顔は人から最も見られるところですし、腕や足のように洋服で隠すこともできません。だからこそ、顔の脱毛だけは絶対に失敗したくないものですよね。

実は、エステ脱毛をして「あまり効果がなかった…」という口コミが多い部位でもある顔やフェイスライン。顔のムダ毛は色が薄めの産毛が多いので、メラニンに反応するレーザーの性質上、キレイに脱毛できないのです。

しかし、産毛に対しても高い脱毛効果を発揮する脱毛器があります。それがダイオードレーザーです。

ダイオードレーザーは毛のメラニンだけに反応して毛母細胞に直接ダメージを与えるという画期的な脱毛器です。毛母細胞を直接破壊できるダイオードレーザーは毛の色に左右されないので、色素の薄い産毛の脱毛にぴったり。もちろん肌のメラニンにも反応しないので、日焼けで黒くなった肌や色素沈殿を起こした肌でも施術を受けることができます。

また、ダイオードレーザーは出力を細かく調整できるので、痛みを感じにくいのもメリット。敏感な顔の脱毛にはピッタリです。もし顔の脱毛を考えているなら、ダイオードレーザーを使っているクリニックを選んでみてはいかがでしょうか。

顔・フェイスラインの医療脱毛の完了目安は?

顔はもともとそれほど毛が濃い部位ではありませんよね。
そのため、ほんの1~2回程度で完了するのでは?と思っている方もいるはず。

しかし、毛が薄いということはそれだけレーザーに反応しにくく、しっかりとした効果が出るまでには回数がかかってしまうのです。

ワキなどの濃い毛には反応しやすいのですが、顔は回数がかかることを押さえておきましょう

顔・フェイスライン脱毛の1回目の効果は?

1回目では、それほど大きな変化を実感することはできません。
中にはほとんど変化がわからない…という方もいるようです。

顔・フェイスライン脱毛の3回目の効果は?

3回ほど行うと、やっと変化を実感できる方が増えます。
1回目ではなかなか変化がわかりませんが、2回目ほどから徐々に顔の産毛もスッキリして
くるので、あまり慌てないようにしましょう。

3回以降からは明らかな変化を実感できる方も増えていきます。

顔・フェイスライン脱毛の5回目の効果は?

多くの方は、5回も行えば明らかな変化が実感できます。
産毛がなくなり、顔全体が明るくなったと感じる方も多いのです。

一般的には5回ほど行えば自己処理の必要もなく、満足できる結果が得られるでしょう。
回数を重ねればほぼすべての毛に働きかけることができるので、まずは5回完了目指してみましょう。

ただ、先述したように顔は脱毛の効果を感じにくく、全く毛がない状態にするのであれば、8~10回程度を検討しなければなりません。

顔・フェイスラインの医療脱毛の料金相場は?

顔やフェイスラインの医療脱毛でかかる費用については、5回で50,000円~だと思っておきましょう。

高いところだと、140,000円ほどかかるところもあります。
クリニックによって費用の設定はかなり違うので、よく確認しておいてくださいね。

エステの方が安いのでは…と思うかもしれませんが、エステの場合は10回で50,000円~が1つの目安です。
同じ値段でクリニックの倍の回数ができるものの、エステ脱毛でツルツルの状態を目指そうと思った場合、20回ほどかかってしまうのです。

つまり、最低でも100,000円以上の費用がかかることになるので、効果の高い医療をレーザー脱毛で脱毛した方が結果的にお得だといえるでしょう。
医療脱毛ではエステ脱毛に脱毛効果の比べて強いマシンを使っているため、短期間でしっかり脱毛しようと思った場合には医療脱毛の方が向いています。

シゲ推薦 顔・フェイスライン脱毛におすすめのクリニックはココ!

産毛にサヨナラするためには、ダイオードレーザーがぴったりだって分かってもらえたかしら?

それじゃ、ダイオードレーザーを使って顔やフェイスラインの脱毛をしてくれるクリニックを3つ教えてあげるわ。どこも評判が良いとこばかりだから、思い切って脱毛しちゃいなさい!

リゼクリニック

リゼクリニックのキャプチャ画像

顔全体の脱毛をするならリゼクリニックをおすすめするわ。ダイオードレーザーの中でも日本人の肌にもっとも適している脱毛器・ライトシェアデュエットを使っているから、ツルンとした肌が手に入るだけじゃなくて肌トラブルも少ないの。

リゼクリニックはアフターフォローがしっかりしているから、口コミでも人気が高いわね。万が一、毛が濃くなったり硬くなったりした部位があった場合、最大1年間は無料で再照射してくれるの。たいていのクリニックではトラブル時の診察料やお薬代はオプション料金として取られちゃうんだけど、リゼクリニックでは無料で保証してくれるのよ。

スタッフさんがカウンセリングに時間を割いてくれるのもポイント高いわね。痛みの度合いやリスク、施術にかかる時間を丁寧に教えてくれるから、安心して任せちゃいましょ。

湘南美容外科

湘南美容外科のキャプチャ画像

日本全国に展開している湘南美容外科の看板、一度は目にしたことがあるんじゃないかしら?湘南美容外科では、パーツごとに脱毛したい部位を選べるのが特徴ね。顔全体を脱毛するなら、Sパーツから額・口ひげ・アゴ・アゴ下の4つを選んで脱毛することになるわ。1回6,070円っていう安さだから、「アゴ下だけ気になる!」とか「鼻下だけ脱毛したい!」ってヒトにとってはお得よねぇ。

使っているレーザーは、アレキサンドライトと湘南美容外科オリジナルのIPレーザーよ。IPレーザーはもともとニキビ痕や肌のくすみを改善するために使われていた機器だから、脱毛だけじゃなくて美肌効果も期待できるの!男のコ限定になっちゃうけど、ヒゲ脱毛には痛みが少ないメディオスターを使っているらしいわ。

クレアクリニック

クレアクリニックのキャプチャ画像

クレアクリニックは、医療レーザー脱毛専門のクリニックよ。産毛に強くて日焼けした肌でも照射OKなダイオードレーザーを取り入れているわ。ダイオードの中でも、皮膚のメラニン色素が多い日本人の肌に効果的なライトシェアデュエットを使って顔脱毛をしてくれるの。

クレアクリニックのイチオシは、なんといっても「美顔脱毛5回コース」!脱毛したあとに、バイオセルロースの豊潤美肌パックをしてくれるの。頬や鼻下の産毛とサヨナラできるだけじゃなくて、毛穴をギュッと引き締めてお化粧ノリ抜群な肌になる贅沢なプランよ。

脱毛した後には肌が赤くなることがあるんだけど、クレアクリニックでは炎症止めの軟膏を無料で処方してくれるの。「デリケートな顔だから、アフターケアがしっかりしているところを選びたい…」ってコはクレアクリニックを選んでみたらどうかしら。

ページ上部へ戻る